朝鮮王朝の王と王妃/どちらが長生きしたのか

 

王と王妃の平均寿命を比較してみよう。朝鮮王朝の27人の王の平均寿命は46.1歳だった。また、42人の王妃の平均寿命は48.7歳である。つまり、平均的に王妃のほうが2.6歳だけ長生きしていたことになる。

写真=植村誠




一番長生きした王は?

王と王妃は朝鮮王朝の中でも最高の食事をして最良の医術を受けられたのだが、それでも平均寿命が50歳に届いていない。
理由は何か。
王の場合は、食べすぎ、運動不足、ストレスが原因だ。
なにしろ、王は1日5食も食べていた。
それなのに、からだを動かすことをせず、しなければならない仕事は膨大でストレスが多かった。
これでは、長生きはできない。
王妃の場合は、10代で病死したり、出産直後に亡くなるケースがあった。そのように若く亡くなった人が平均寿命を下げていた。
一方、王の中で一番長生きしたのは21代王の英祖(ヨンジョ)である。82歳で亡くなったが、当時としてはかなりの長寿であった。




一番若くして世を去ったのは6代王・端宗(タンジョン)だ。
享年は16歳だった。
彼の場合は、7代王・世祖(セジョ)によって死罪にさせられたので、短命だったのも仕方がなかった。
(ページ2に続く)

端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)!朝鮮王朝全史5

端宗(タンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝8

世祖(セジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝9

悲惨な最期を遂げた端宗(タンジョン)に涙する

甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)の悲劇とは?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る