悲惨な最期を遂げた端宗(タンジョン)に涙する

 

「死六臣(サユクシン)」に象徴されるような端宗(タンジョン)復位計画を根絶するためには、端宗を生かしておけない……そう考えた世祖(セジョ)は、ついに非道きわまる行動に着手する。

陸の孤島

身命を賭して端宗(タンジョン)の復位を願った死六臣(サユクシン)。彼らは最期まで端宗に忠義を示したが、尋問を受けた同志の中には、端宗が計画を事前に承認していたことを証言する者もいた。これは端宗の立場を決定的に危うくした。
相次ぐ端宗復位計画に頭を悩ませていた世祖(セジョ)は、これを口実に反乱の芽を完全に摘み取ろうと考えた。
端宗は内乱を認知していた罪に問われ、都から遠く離れた寧越(ヨンウォル)に配流されてしまった。




このとき、端宗は17歳。寧越に向かう彼には、妻や宮女の同行が禁じられた。さらに、兵士たちに一挙手一投足を監視されながら、王族とは思えないほど古ぼけた籠に乗って端宗は出発した。
道中では、悲劇の先王を民が哀れみ、涙する者までいた。
端宗が流された地は、三面を川に囲まれ、残った一面は断崖絶壁という陸の孤島のような場所だった。
この見知らぬ土地で、端宗は不安と悲しみを抱えながら生活した。彼の唯一の楽しみは、山に登り故郷を眺めることだけだったという……。(ページ2に続く)

端宗(タンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝8

朝鮮王朝の悲劇の王「端宗(タンジョン)」の最期とは?

端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)!朝鮮王朝全史5

死六臣(サユクシン)!端宗に尽くした見事な忠誠心

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る