端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)!朝鮮王朝全史5

 

1450年に名君の世宗(セジョン)が世を去り、長男の文宗(ムンジョン)が5代王として即位した。文宗は世宗の政治を上手く引き継ぎ安定した政治を行なう。しかし、その治世はわずか2年と短かった。病弱すぎたのである。

首陽の野望

1452年、文宗は38歳の若さで亡くなった。
まだ11歳だった長男の端宗(タンジョン)が6代王として即位することによって、野心家たちのくすぶっていた権力欲に火がついてしまった。
宮中では幼い端宗を籠絡しようと水面下での権力闘争が繰り広げられた。そんな宮中で、ひときわ強い存在感を放っていたのが端宗の叔父にあたる首陽(スヤン)だ。彼は世宗の二男であり、文宗の弟である。




首陽は自分を取り巻く環境に大きな不満を感じていた。それは、世宗の意思を守る高官たち……皇甫仁(ファンボ・イン)、金宗瑞(キム・ジョンソ)たちが強い権力を持ち、首陽は不穏分子とし徹底的に監視されていたからだ。
「なぜ王族である俺が官僚たちの顔色をうかがわねばならないんだ。この屈辱は絶対に晴らしてやる」
首陽は政権を奪う機会を待っていた。
そんなある日、野心に燃える首陽の前に権擥(クォン・ナム)という学者が現れた。彼は一部の高官たちばかりが強大な権力を握っていることに不満を抱いていた。
「親愛なる首陽大君様。失礼ではございますが、今の王室は歪んでおります。王が飾りとなり、下賤な者たちが政治を取り仕切るなど言語道断でございます。我が国の玉座には首陽大君様こそがふさわしいかと存じます」
権擥の狡猾さが首陽は気に入った。(ページ2に続く)

最高実力者になった李成桂(イ・ソンゲ)!朝鮮王朝全史1

朝鮮王朝の悲劇の王「端宗(タンジョン)」の最期とは?

光宗(クァンジョン)はどんな王だったのか/三国高麗国王列伝8

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る