端宗(タンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝8

第8回 叔父に王位を奪われた悲劇の王

朝鮮王朝の6代王であった端宗(タンジョン)。祖父が4代王・世宗(セジョン)で、父が5代王・文宗(ムンジョン)である。ともに学識にすぐれていた王として特に有名だった。

llMcZzuur0tUPJK1496985443_1496985467

母の愛を知らずに育った

端宗は優秀な祖父と父の血を受け継いで、文治主義の王政を行なうのに十分な素養を持っていた。
しかし、彼は1452年に王位を継承したものの、3年後の1455年に叔父の首陽(スヤン)大君(世宗の次男で文宗の弟)に王位を奪われて、政治的な才能を発揮することができなかった。朝鮮王朝の歴代王は27人だが、端宗ほど悲劇に見舞われた王は他にいないのではないか。




そもそも、端宗は生まれたときから哀しみに包まれていた。彼を産んだ顕徳(ヒョンドク)王后は産後すぐに亡くなってしまい、端宗は母の愛を知らずに育った。このことが端宗の人生に暗い影を落とす。(ページ2に続く)

世祖(セジョ)!甥から王位を奪った国王

死六臣(サユクシン)!端宗に尽くした見事な忠誠心

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る