昭顕世子の妻だった姜氏(カンシ)の悲しき運命!

奪われた王位継承権

昭顕世子は清に滞在中に西洋人とも交流し、広い視野をもつようになった。妻の姜氏も現地で活動的に動いて夫を支えた。
1645年、仁祖の息子たちはようやく人質から解放されて、久しぶりに祖国に戻ってきた。あれほど息子との別れを悲しんだ仁祖のことだから、さぞかし温かく昭顕夫妻を迎えるだろうと周囲は予測したのだが、結果はまるで逆だった。仁祖の態度はゾッとするほど冷たかった。
失意の昭顕世子は帰国からわずか2カ月で急死した。仁祖によって毒殺されたという説が有力である。外国かぶれとなった長男を仁祖が許さなかったというのがその理由だ。昭顕の葬儀にしても、仁祖は前例がないほど格を落とし、世子としての尊厳も傷つけた。




こうなると、次の標的にされたのが姜氏だった。本来は次の王妃になるはずの嫁を、仁祖は陰湿な方法で追い詰めた。
まず仁祖は、次男の鳳林を世子にした。本来なら、世子であった昭顕世子が亡くなれば、その息子が新しい世子に指名されるのが常だった。こうした慣例を無視して、仁祖は強引に世子を鳳林に変えてしまった。
姜氏は二重の衝撃を受けた。夫を失った挙げ句、息子の王位継承権まで奪われたのだ。さらに追い打ちをかけるように、彼女の兄弟4人が流罪となった。
(ページ3に続く)

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

不可解な昭顕世子(ソヒョンセジャ)の死!朝鮮王朝全史18

昭顕(ソヒョン)世子は人質から帰国直後に毒殺された

昭顕(ソヒョン)世子毒殺事件の真相!

仁祖(インジョ)と貴人(キイン)・趙氏(チョシ)が捏造した毒アワビ事件!

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る