悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

 

1623年、16代王・仁祖(インジョ)は、15代王・光海君(クァンヘグン)からクーデターで王位を奪った。有能な王の登場を予感させた仁祖だが、即位してからは失態が目立つようになった。1624年、クーデターの功臣・李适(イ・グァル)を冷遇したことにより、反乱が起こった。

iJtRIMQaSTtGlZm1489387748_1489387792

屈辱を受けた国王

辺境の守備隊長を務めていた李适の反乱は、朝鮮王朝の国防を弱体化させた。その結果、北方の異民族である後金の侵攻を許してしまう。
仁祖はなんとか和睦を成立させるが、当時の朝鮮王朝は中国大陸の大国・明を崇めていたため、後金を“辺境の蛮族”と蔑(さげす)む態度を変えなかった。朝鮮王朝の対応に腹を立てた後金は、1636年12月、国号を清と改め、大軍を率いて朝鮮半島に攻めてきた。




朝鮮王朝は圧倒的な軍事力に対抗できず、仁祖は清の皇帝の前で土下座して謝罪。さらに、臣下の礼を強要された。これほどの屈辱を受けた国王も、朝鮮王朝には他にいなかったのではないだろうか。(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る