貞明公主はどんな性格の王女だったのか

7男1女の母

あせりを感じた母の仁穆王后は、必死の思いで婿を探し、貞明公主はようやく3歳年下の洪柱元(ホン・ジュウォン)と結婚することができた。
さらに、貞明公主は豪華な屋敷と広大な土地を与えられ、結婚後は王宮の外で裕福な暮らしを享受することができた。
しかし、仁穆王后が1632年に亡くなったあと、仁祖が手のひらを返して冷たくなってしまった。




そのせいで、貞明公主は陰謀によって処罰される危機を迎えながら、最後は「公主」という立場が効いて、無事に人生を全うすることができた。
夫の洪柱元との間にもうけた子供は7男1女だった。貞明公主は8人の子供の母であったのだ。
1682年、79歳になった貞明公主は息子たちに一つの文書を残している。それは、貞明公主が長い人生の中で身につけた「生きる知恵」であった。(ページ4に続く)

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1
https://goo.gl/GRFXrW

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5
https://goo.gl/LRSwB8

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1
https://goo.gl/uZrRCx

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

ページ:
1 2

3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る