貞明公主!結婚式での有名なエピソード

 

1623年、綾陽君(ヌンヤングン)がクーデターを成功させて、光海君(クァンヘグン)を王宮から追放した。代わって、綾陽君は16代王・仁祖(インジョ)として即位した。これによって、離宮に幽閉されていた仁穆(インモク)王后と貞明(チョンミョン)公主(コンジュ)は解放された。

SBhfjzRqYy5xM3W1488932301_1488932331

3歳年下の婿

すでに貞明公主は20歳になっていた。
王女は普通、10代なかばまでに結婚していたので、仁穆王后は婚期が遅れた娘の結婚を急がせた。




仁祖も、自分の即位に協力してくれた仁穆王后へのお礼として、貞明公主の結婚を積極的に推進した。
こうして貞明公主は、3歳年下の洪柱元(ホン・ジュウォン)と無事に結婚することになった。
この結婚式での有名なエピソードを紹介しよう。

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔前編〕

流刑地の済州島で世を去った光海君(クァンヘグン)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る