7男1女を育て82歳まで生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)の人生!

 

ドラマ『華政(ファジョン)』の主人公になっていた貞明(チョンミョン)公主(コンジュ)。果たして、どのように波瀾万丈な日々を送ったのだろうか。彼女の結婚を中心にその人生をたどってみよう。




9年間の幽閉生活

貞明公主は1603年に14代王・宣祖(ソンジョ)の娘として生まれた。母は、宣祖の二番目の正室だった仁穆(インモク)王后である。51歳にして初めて公主(王の正室から生まれた王女)を得た宣祖は、貞明公主をとても可愛がった。
宣祖の後を継いで15代王に即位したのは、貞明公主の異母兄の光海君(クァンヘグン)だった。
しかし、光海君の一派は王位を死守するために、貞明公主の弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)を1614年に殺害し、仁穆王后と貞明公主を西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉してしまった。
軟禁状態となった仁穆王后と貞明公主。
2人は非常に辛い日々に耐えなければならなかった。




1623年、宣祖の孫で光海君の甥であった綾陽君(ヌンヤングン)がクーデターを成功させて、光海君を廃位に追い込んだ。そのうえで、綾陽君は16代王・仁祖(インジョ)として即位した。
その結果、仁穆王后と貞明公主は9年間の幽閉生活を解かれた。このとき、貞明公主は20歳になっていた。
普通、王女の場合は10代前半に名家の御曹司と結婚するのが常だった。つまり、当時の20歳というのは、かなり婚期が遅れていたのだ。それも、幽閉されていたので仕方がなかったのだが……。
仁穆王后は貞明公主を早く結婚させたいと願った。しかし、容易に相手が決まらなかった。理由は貞明公主が20歳になっていたこと。候補になりそうな名家の御曹司は、10代なかばまでにほとんどが結婚していた。
(ページ2に続く)

解説!貞明公主はなぜ大地主になれたのか

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

貞明(チョンミョン)公主は晩年をどう過ごしたのか

光海君(クァンヘグン)と綾陽君(ヌンヤングン)と貞明(チョンミョン)公主

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る