政変を起こして最高実力者になった首陽大君(スヤンデグン)!

 

首陽大君は1453年に「癸酉靖難(ケユジョンナン)」と呼ばれる政変を起こして、端宗(タンジョン)を補佐する大臣たちをことごとく殺した。これは完全な越権行為である。仮に反逆者がいたとしても、まずは捕らえて自白させるのが常識だった。法で正々堂々と裁くためには絶対にそうすべきなのである。

写真=植村誠




臣下の地位を越えた

徹底した中央集権体制だった朝鮮王朝では、死刑を言い渡せるのは王だけだった。王にしか、死刑判決を下す権限がなかったのだ。
それも法に照らして決められるものであり、いくら王でも確かな証拠がなくして簡単に処罰できるものではなかった。
しかし、首陽大君は弟の安平大君(アンピョンデグン)や、金宗瑞(キム・ジョンソ)を初めとする大臣たちを何の取り調べもしないまま殺している。
証拠も何もなかったのだ。
結局、反逆の全貌を明らかにしなかったのは、それだけ殺された人たちに罪はないという反証になるのではないか。
癸酉靖難は首陽大君の野心をかなえるための一方的な政敵虐殺だ、という評価が後に残ったのは、こういうことが影響している。
このように癸酉靖難が正当性を持てないということは、この事件で生まれた首陽大君を中心とする政権自体に大義名分がないということになる。正当性のない政権は歪曲された道へ進んでしまう。それが首陽大君が後世に汚名を残す理由となった。




結局、癸酉靖難の次の日、首陽大君は王朝のすべての政治的権力を手中におさめた。彼が得た官職は、それ以前もそれ以後も誰も持てなかったほど強力だった。いわば、総理大臣であり王の顧問であり政府記録管理者であった。
また、政府の人事権と国の軍事統帥権も握っていた。一応、王が任命するという形は取っていたものの、常識的には存在できない、いや、存在してはならないほどの職責を首陽大君は独り占めにしたのだ。
それに加えて、首陽大君は特別に王室護衛部隊100人の警護も受けるようになった。すでに臣下の地位を越えたともいえるだろう。
(ページ2に続く)

あまりに悲しき端宗(タンジョン)の運命!

『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

首陽大君(スヤンテグン)〔世祖(セジョ)〕が開いた秘密会議!

甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)の悲劇とは?

安平大君(アンピョンデグン)はどういう人物だったのか

悲惨な最期を遂げた端宗(タンジョン)に涙する

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る