首陽大君(スヤンテグン)〔世祖(セジョ)〕が開いた秘密会議!

 

最高の名君と称された4代王・世宗(セジョン)の二男の首陽大君は、幼い11歳の甥だった端宗(タンジョン)の即位を不満に思っていた。王の後見人である重臣の金宗瑞(キム・ジョンソ)らが執政の主導権を握っていたからだ。首陽大君は「弱体化した王権を奪い返す」という大義を掲げ、決起の秘密会議を開いたのだが……。

世宗の心配事

朝鮮王朝では“王の後継者は長男”が原則。しかし建国初期は、それが破られ、王の座を巡る王族たちの争いが絶えなかった。
世宗(セジョン)は、父の太宗(テジョン)が骨肉の争いで王位に就き、自身も三男の身で王になったことを気にかけていた。そのため、1421年に長男が7歳になると早めに世子(セジャ)に指名した。




世宗に似て聡明だった世子は、29年間、世宗の下で政治を学び、温厚な人柄で多くの人の信頼を集めた。しかし、からだが弱く、不安を感じた世宗は、早く後継者を作るよう催促した。自分と世子が亡くなると、王権が混乱すると考えたからだ。
実際、世子の弟の首陽大君(スヤンデグン)が、病弱な兄に代わり、王になろうと野心を燃やしていた。
1441年、世子は顕徳(ヒョンドク)王后との間に待望の男子を授かった。世宗はその孫を世孫(セソン=世子の次の王位継承者)に指名した。(ページ2に続く)

世祖(セジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝9

世祖(セジョ)の非道!朝鮮王朝の重大な事件簿2

端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)!朝鮮王朝全史5

甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)の悲劇とは?

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る