張禧嬪(チャン・ヒビン)の母はなぜ王宮入りを阻止されたのか

事件の背景は?

粛宗はさらに憤慨して言った。
「輿に乗って宮中に入ることは余が許可したものであり、もともと慣例にもあることなのだ。王子の祖母が、王の許可を経て宮中に入ろうとしたのに、これほどの侮辱を受けるとはとんでもないことだ」
粛宗は、王権に対する司憲府の挑戦だと考えた。




同時に、粛宗はこの事件を、生まれた王子に対する西人派(当時の主流派閥)の脅迫だと受け取った。なぜなら、張禧嬪の実母をとがめたのは、西人派の高官たちばかりだったからだ。
西人派が、張禧嬪の母親を侮辱した理由ははっきりしている。西人派は、対抗勢力だった南人派(張禧嬪を支持していた派閥)が強くなることを恐れ、あまりに過剰に反応しすぎてしまったのだ。
王子と言っても側室が産んだのだが、他に王子がいない状況においては、西人派は張禧嬪の出産を自分たちの生死に関わる重要事件と捉えた。どんなことをしてでも、この王子が即位するのを防がなければならなかったのだ。
しかし、粛宗の逆鱗(げきりん)に触れてしまった。西人派はあせっていたのだが、張禧嬪の出産を機に没落の道をたどった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

張禧嬪(チャン・ヒビン)の栄光と転落!朝鮮王朝三大悪女に迫る3

張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪!朝鮮王朝の重大な事件簿6

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

粛宗(スクチョン)はどんな国王だったのか

張禧嬪(チャン・ヒビン)を寵愛した粛宗(スクチョン)!朝鮮王朝全史19

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る