張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪!朝鮮王朝の重大な事件簿6

 

19代王・粛宗(スクチョン)が張禧嬪を王宮の中で見初めたのは1680年頃と言われている。そのとき、粛宗は19歳で、張禧嬪は21歳だった。粛宗の母・明聖(ミョンソン)王后は、張禧嬪を警戒した。欲の深さが彼女の表情に出ていたからだ。

ドラマ『トンイ』で張禧嬪を演じたイ・ソヨン

ドラマ『トンイ』で張禧嬪を演じたイ・ソヨン

お人好しの王妃

明聖王后は張禧嬪を「息子に悪影響を及ぼす女」と決めつけて、すぐに手を打った。張禧嬪を王宮から追い出したのである。
これに異議を唱えたのが、粛宗の正室だった仁顕(イニョン)王后だった。
「殿下がお好きな女官が宮中にいないというのは、いかがなものでしょうか」
そう言った仁顕王后は、張禧嬪の王宮復帰を明聖王后に依頼した。




あきれたのは明聖王后のほうだ。仁顕王后を見ながら「人がいいにもほどがある」と思い、次のように言った。
「あの女を見たことがないからそう言えるのです。あの女は悪だくみをしそうですから、早めに遠ざけたほうがいいのです」
それでも仁顕王后は張禧嬪をかばった。
「今から心配しなくてもよろしいのでは?」
これほどに仁顕王后はお人好しなのだ。
実際、明聖王后が1683年に41歳で亡くなると、仁顕王后は本当に張禧嬪を王宮に呼び戻してしまった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る