張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

 

1680年の秋、19代王・粛宗(スクチョン)は女官だった張禧嬪(チャン・ヒビン)の美貌に目を見張った。この年には粛宗の最初の正妻だった仁敬(インギョン)王后が亡くなっているが、粛宗の心はすでに張禧嬪しか見えていなかった。そのとき、粛宗が19歳で、張玉貞が21歳だった。

CFPZJpy6XKVFlc11489632025_1489632055

宮中を追われた張禧嬪

粛宗(スクチョン)の母の明聖(ミョンソン)王后は、張禧嬪(チャン・ヒビン)の美貌に隠された野心を絶対に見逃さなかった。
「あの女は何か良からぬことを考えている。宮中にこのままいさせてはならぬ」
明聖王后は、粛宗が張禧嬪に夢中になっていることが我慢できなかった。我が子の将来を憂い、その元凶となりそうな芽は早めに摘んでおきたいと考えた。
彼女はすぐに手を回して、張禧嬪を宮中から追い出した。王として君臨する粛宗も、母の強い意志には逆らえなかった。




しかし、1681年に粛宗の継妃となった仁顕(イニョン)王后は、あまりに人が良すぎた。正妻でありながら、王が寵愛する女性が宮中を追われたことに同情したのだ。
「殿下に気に入られている女官が長く宮中にいないのはいかがなものでしょうか。再び呼んでさしあげたら……」
仁顕王后は明聖王后にそう進言した。(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)!王妃にのぼりつめた悪女

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

仁顕(イニョン)王后!一度は廃妃になった悲劇の王妃

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る