粛宗(スクチョン)はどんな国王だったのか

 

『トンイ』ではチ・ジニが演じた粛宗(スクチョン)。ドラマでは人の良い国王として描かれていたが、実際の粛宗は、官僚たちを対立させて消耗させるという戦略家の一面を持っていた。そのおかげで、彼は王権を強化することに成功した。

鋭い感性の持ち主

粛宗は1661年に生まれた。
彼の気質は、母親によく似ていたと言われている。
母の明聖(ミョンソン)王后は賢明で、ものごとを合理的にとらえられる人だった。その反面、感情が激しく、宮中でも激情的にふるまうことがあった。粛宗も似たような性格を受け継いだ。




成し遂げた業績を考えれば、粛宗は有能な王であったといえる。少なくとも、彼は“お飾り”ではなく、自分の頭で考えようとした。自分の意見に固執するところがあったが、鋭い感性の持ち主でもあった。
1674年に粛宗が13歳で王位についたとき、朝鮮半島はまだ清に侵略された後遺症から抜けきれていなかった(1637年に朝鮮王朝は清に屈伏し、以後もさまざまな干渉を受けた)。
粛宗は庶民の暮らしを向上させるために、特に農業地の整備に力を注いだ。同時に、商業を奨励して本格的な貨幣鋳造事業を行ない、市場の活性化にも尽くした。こうした政策は粛宗ならではの独自性があった。(ページ2に続く)

息子・粛宗(スクチョン)の身代わりとなった明聖(ミョンソン)王后!

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る