申師任堂(シン・サイムダン)!今も尊敬される良妻賢母の鑑

 




朝鮮王朝を代表する女流芸術家の申師任堂(シン・サイムダン)〔1504年~1551年〕は、5人姉妹の二女として生まれた。父は学問にすぐれていて、人望が高かった。母は心優しく教育熱心であり、王から表彰されるほどだった。

周囲を驚かせた絵の才能

恵まれた環境の中で、申師任堂は幼い頃から並はずれた才能を発揮していく。彼女は7歳で漢字を覚え、書を学んだ。中でも、絵の才能は周囲を驚かせた。
申師任堂の両親は、わが子の画才を高く評価し、本格的な絵の勉強をさせた。
申師任堂の絵に大きな影響を与えたのは、故郷・江陵(カンヌン)の雄大な自然だった。彼女は江陵の山河、動植物を一心不乱に描き続けた。
周囲の人たちは、彼女の絵の才能をほめたたえた。そんな申師任堂の画才を示す逸話がある。




ある日、申師任堂がイナゴを描いた絵を庭に置いておくと、本物と勘違いした鶏が絵を食べてしまったことがあった。
申師任堂の才能を示す話は他にもある。とある宴会場でのことだ。
他人から借りたチマ(スカート)を汚してしまい泣き崩れる女性がいた。
申師任堂は泣き続ける女性をなだめると、彼女の汚れたチマにブドウの絵を描き始めた。申師任堂が描いたブドウはまるで本物のように瑞々しかった。女性はそのチマを急いで市場に売りに行き、新しいチマを買って貸主に返したという。(ページ2に続く)

申師任堂(シンサイムダン)の堂々たる人生!

申師任堂(シンサイムダン)!イ・ヨンエが『師任堂、色の日記』で演じた女性

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

仁粋(インス)大妃の脅迫!朝鮮王朝の重大な事件簿3

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る