奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

 

奇皇后は、高麗出身で中国大陸の元の皇后にまで上りつめた女性だが、彼女については謎が多い。奇皇后はいったいどのような人生を歩んだのだろうか。

90

皇帝の寵愛を受けた奇皇后

高麗は、朝鮮半島を統一していた時代に、元から何度も貢女(コンニョ/若い女性を献上する制度)を要求されていた。貢女として元に渡った女性は、家族に会うこともできずに寂しく過ごさなければならなかった。そんな中で、異彩を放っていたのが奇皇后である。彼女は、高麗の下級官職である奇子敖(キ・ジャオ)の娘として生まれた。
奇皇后が貢女として元に渡ったのは1333年で、とても美しかった彼女は、高麗出身の官僚である高龍普(コ・ヨンボ)に見出されて、皇室付きの女性として推薦された。その結果、奇皇后は12代皇帝のトゴン・テムルに気に入られて側室となった。




しかし、トゴン・テムルの正室だったタナシルリが、皇帝の寵愛を受けている奇皇后に嫉妬していた。彼女は、元を支えていた重鎮エル・テムルの娘で、そうした家柄から皇后の地位に就いていた。しかし、父親のエル・テムルが皇帝になる前のトゴン・テムルを追放したり、9代皇帝のコシラを暗殺した可能性があった。そうした事情によって、トゴン・テムルの寵愛を受けることができなかったタナシルリは、寵愛を受けていた奇皇后を鞭で叩いたり、焼きごてを押し当てるなどの嫌がらせをした。その後、タナシルリは、兄が起こしたクーデターに加担したことで宮殿を追い出されている。
皇后の座が空席になったので、トゴン・テムルは奇皇后を皇后にしようとするが、多くの臣下に反対された。それを無視することができなかった彼は、名門部族出身のバヤン・フトゥクを皇后にした。
1338年、奇皇后は息子のアユルシリダラを産んだ。新たに皇后となったバヤン・フトゥクは控えめな性格だったため、奇皇后に対するトゴン・テムルの愛は顕著になっていった。(ページ2に続く)

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?
https://goo.gl/Ff3ssb

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1
https://goo.gl/uZrRCx

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1
https://goo.gl/GRFXrW

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

奇皇后と善徳女王はどこが違っていたのか

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る