文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行(再読版)

中宗が寵愛した側室

犯人が特定できない中で、中宗の母の貞顕(チョンヒョン)王后がこう語った。
「東宮の件は誰がやったかわからぬが、大殿に関しては敬嬪(キョンビン)が疑わしいのではないか」
王室の最長老に名指しされたのは、敬嬪・朴(パク)氏であった。
この敬嬪・朴氏というのは、中宗に一番気に入られていた側室だった。
しかも、彼女は福城君(ポクソングン)という中宗の息子を産んでいた。
世子が早世するようなことがあれば、福城君が中宗の後を継ぐ可能性もあった。
それゆえ、敬嬪・朴氏は宮中でも立場が強かった。
そんな状況を苦々しく見ていたのが文定王后だった。
「あの女をなんとかしなければ……」
文定王后にしてみれば、敬嬪・朴氏を陥れる意図が十分にあった。王妃としての自分の立場を強固にするためには、ぜひそうする必要すらあったのだ。




やはり大妃(テビ/王の母)の一言は重い。
貞顕王后には誰も逆らえず、敬嬪・朴氏と福城君、そして2人の翁主(オンジュ/王の側室が産んだ王女)は王宮から追放されてしまった。
中宗は寵愛する側室と息子・娘を何度もかばったのだが、結局は実母の容疑者特定を覆すことができなかった。
こうして、「灼鼠の変」は、文定王后に大きな成果をもたらした。彼女は一番めざわりな敵を王宮から追い出すことができたのだ。
その後の定説では、文定王后の命令を受けた手先の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が、ネズミの死骸を仕掛けた、と言われている。
つまり、「灼鼠の変」は文定王后と鄭蘭貞による陰謀だったのだ。
それ以後も、2人は王宮の中で数々の悪行を繰り返した。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

文定王后と鄭蘭貞について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著〔実業之日本社/900円+税〕)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!低い身分から成り上がった悪女

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!朝鮮王朝三大悪女の哀れな最期

文定(ムンジョン)王后は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る