鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

 

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)の母は奴婢(ぬひ)だった。貧しく最下層の身分だった鄭蘭貞は、自ら妓生(キセン)となって宴席で酔客の相手をした。そして、出世しそうな男を探した。そこで見つけたのが尹元衡(ユン・ウォニョン)だった。

DSC_0033

高官の正妻を狙う

尹元衡は、文定王后(ムンジョンワンフ)の弟だった。文定王后といえば、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室である。その文定王后に引き立てられて、尹元衡も大いに出世していた。




姉の権力に乗って高位を得た傲慢な尹元衡にとって、美貌の妓生を妾にするのは自尊心を大いにくすぐられることであった。
しかし、鄭蘭貞のほうは高官の妾ではとうてい満足できなかった。彼女は初めから尹元衡の正妻になることを狙っていた。(ページ2に続く)

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

敬恵〔キョンヘ〕王女!朝鮮王朝一の美貌を誇った王女

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る