文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

 

本来であれば王妃にさえなれなかった女性が、最終的に大妃(テビ/国王の母)になって、朝鮮王朝を大混乱に陥れた。それが文定(ムンジョン)王后である。彼女はなぜ、絶対的に強い立場になれたのだろうか?

7NuIGs0aq38O55V1490667250_1490667294

クーデターのおかげで王になった中宗

文定王后は、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室であった。
中宗は、9代王・成宗(ソンジョン)の二男であり、本来なら王になれる可能性はなかった。兄の燕山君(ヨンサングン)が10代王として即位していたからである。




しかし、史上最悪の暴君と呼ばれた悪政続きの燕山君は、1506年にクーデターによって王座を追われて廃位となってしまった。その結果、燕山君の異母弟であった中宗が11代王として即位したのである。
しかし、棚からボタ餅で王になった中宗は、クーデターを成功させた官僚たちにまったく頭が上がらなかった。(ページ2に続く)

文定(ムンジョン)王后!強い野心を秘めた王妃

文定(ムンジョン)王后!仁宗(インジョン)を毒殺した(?)冷血な継母

文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る