燕山君(ヨンサングン)の母は朝鮮王朝で初めて廃妃になった元王妃!

王宮から追放された王妃

尹氏は巫堂を使って成宗の側室を呪い殺そうとして王の寵愛を失います。それどころか、完全に嫌われてしまいます。
以後、王は側室の部屋を訪ね歩くだけで、正室の部屋に近づきませんでした。尹氏の寂しさは募る一方でした。
ただ、時間が過ぎて成宗の心にも変化が生まれました。彼は久々に尹氏の部屋を訪ねたいと思うようになりました。




尹氏にとっては、再び王の寵愛を受ける好機です。
しかし、結果はまるで逆になりました。
なんと、尹氏が成宗の顔を引っかいてしまうという事件が起こりました。もともと感情が激しい女性ではありましたが、こともあろうに王に対してそんな無礼を働き、宮中で大問題になりました。
結局、尹氏は王宮から追放されて廃妃になります。朝鮮王朝には廃妃になった王妃が何人もいますが、尹氏はその最初の女性です。
(ページ3に続く)

燕山君(ヨンサングン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝11

燕山君(ヨンサグン)の悪行!朝鮮王朝の重大な事件簿1

母の死の真相を知った燕山君(ヨンサングン)!朝鮮王朝全史9

仁粋(インス)大妃の脅迫!朝鮮王朝の重大な事件簿3

朝鮮王朝実録が記した燕山君(ヨンサングン)の追放と中宗(チュンジョン)の即位!

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る