燕山君(ヨンサグン)の悪行!朝鮮王朝の重大な事件簿1

 

朝鮮王朝518年の歴史の中で、王朝を揺るがすような大事件がいくつも起きている。今回は、10代王・燕山君(ヨンサングン)が起こした虐殺事件に注目してみよう。燕山君は、なぜそのような事件を起こしたのだろうか。

DSC_0017

燕山君にまつわる逸話

燕山君は、9代王・成宗(ソンジョン)の長男として1476年に生まれた。彼の母親である斉献(チェホン)王后は、他の側室に目を向ける成宗に嫉妬して、宮中に呪いの言葉を持ち込んだために廃妃となった。その後、斉献王后は、罪を許すためにやってきた成宗の顔を引っ掻いたことで死罪に処されている。
母親の愛を知らずにわがままに育った燕山君。そんな彼にまつわる逸話を2つ紹介しよう。




1つ目は鹿にまつわる話だ。ある日、成宗は子供時代の燕山君を庭に呼んだ。そのとき、成宗が可愛がっている鹿が寄ってきて、燕山君の手の甲や服を舐めた。しかし、それに激高した彼は成宗の目の前で鹿を蹴とばしてしまう。それを見た成宗は「なんてことするんだ」と息子を叱った。燕山君は王になった後にその鹿を殺してしまう。
2つ目は恩師に関する話である。燕山君は、王になる前に帝王学を学んでいたが、教育係の側近があまりにも厳しかったようで、それを根に持っていた燕山君は、即位後にその側近を処刑した。
このことから見ても、燕山君がとても執念深い人物であることがわかる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る