朝鮮王朝実録が記した燕山君(ヨンサングン)の追放と中宗(チュンジョン)の即位!

 

1506年、燕山君(ヨンサングン)の悪政を終わらせるためにクーデターが起きた。「朝鮮王朝実録」の1506年9月2日の項には、当時のことがどのように記されているか。具体的に見てみよう。

写真=植村誠




燕山君の追放

「朝鮮王朝実録」は燕山君について次のように描写している。
「国王(10代王の燕山君〔ヨンサングン〕)は、暮らしの中で悪事に溺れ、酒を飲んで歌い踊るという退廃的な日々を送った。
さらに、国王は自分の行動が不道徳であると知っていながら、内心では恥ずかしく思っていた。
それで、人道を混乱させていって、周囲の人間たちを自分と同じように仕立てようとしたのである。
当然ながら、内外から恨む声が絶えなかった。
乱が起きると、王宮の各門を守っていた兵士たちがみな垣根を越えて逃げ出した。
すぐに、王宮の中はもぬけの殻になった。
(こうしてクーデターは成功した)




多くの官僚たちが王宮の庭に出てきて列を組み、まず大妃(11代王・中宗〔チュンジョン〕の母であった貞顕〔チョンヒョン〕王后。彼女は10代王・成宗〔ソンジョン〕の三番目の正室だった)が教旨を発布した」
(ページ2に続く)

燕山君(ヨンサングン)!最悪の暴君と呼ばれた国王

母の死の真相を知った燕山君(ヨンサングン)!朝鮮王朝全史9

燕山君(ヨンサグン)の悪行!朝鮮王朝の重大な事件簿1

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る