母の死の真相を知った燕山君(ヨンサングン)!朝鮮王朝全史9

 

王が絶対的な権力を持つ朝鮮王朝では、王が名君ならば平穏な時代が流れ、暴君ならば混乱をきわめた。10代王の燕山君(ヨンサングン)は最悪の暴君であり、朝鮮王朝がもっとも血に染まった時代だ。

燕山君を嫌う臣下たち

1494年に即位した燕山君は、王政を放棄して堕落した日々を送り、国の財源は日に日に衰えていった。そして、その帳尻を合わせるために、庶民は過酷な税金を取られてしまった。
当然ながら、人々は燕山君の治世の終了を願い、臣下たちは自分に被害が及ばぬよう口をつぐむばかりであった。
やがて燕山君に露骨に不満を示す臣下たちも現れ、それを表す事件も起こった。




いつも通りの酒宴が行なわれる宮中で、李世佐(イ・セジャ)という高官が燕山君の服に酒をこぼしたことがあった。
「殿下、申し訳ありません。手元が狂ってしまいました」
李世佐は朝鮮王朝の名門中の名門の出身で、大臣の地位にいた。王の服を汚すなど本来なら許されない行為だが、その場にいた臣下たちは誰ひとり、李世佐をとがめなかった。それは、燕山君の王としての尊厳の低下を意味していていた。
なおさら、燕山君の怒りが凄まじかった。
「貴様ら、無礼を働いたこいつをなぜとがめない! この罪人をすぐとらえるのだ」
王命を受けた者たちは、しぶしぶ李世佐をとらえた。(ページ2に続く)

最悪の暴君だった燕山君(ヨンサングン)!朝鮮王朝全史8

燕山君(ヨンサグン)の悪行!朝鮮王朝の重大な事件簿1

廃妃・尹(ペビ・ユン)氏!王の顔に傷をつけた王妃

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る