英祖(ヨンジョ)を助けた景宗(キョンジョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)の息子!

 

1718年3月9日、淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏(『トンイ』の主人公)が亡くなった。彼女が世を去ったとき、息子の英祖(ヨンジョ)は24歳だった。そして、異母兄の景宗(キョンジョン/張禧嬪〔チャン・ヒビン〕の息子)は30歳だった。2人とも19代王の粛宗(スクチョン)の息子であったが、世子の座は先に生まれた景宗が選ばれていた。




粛宗の思惑

景宗の場合、母の張禧嬪が罪人として死罪になっているので、いかに世子とはいえ安心してはいられなかった。
この頃の派閥闘争はどのようになっていたのだろうか。
張禧嬪が死罪となったことを契機に彼女の後ろ楯となっていた南人派は一掃されて勢力を失っていた。
その結果、西人派が政権を牛耳るようになったのだが、この派閥も意見の対立から分裂して老論派と少論派に分かれてしまった。
そして、淑嬪・崔氏が亡くなった頃は、粛宗が少論派を冷遇して老論派を重用するようになっていた。
こうした動きの中で英祖を支持する動きが活発になっていった。なぜなら、老論派には淑嬪・崔氏と英祖に好意をもつ高官が多かったからである。
この老論派は世子の景宗が病弱なうえに子供がいないことを攻撃するようになった。実際、景宗は30歳になっても子供が1人もいなかった。




このままでは王家の本流の系統が途絶えてしまう。危機感をもった粛宗は世子の景宗ではなく英祖に代理聴政(摂政)をさせようとした。
すでに60歳近くになっていた粛宗は、自分が亡きあとの王政の行方に最大の関心をはらっていた。
(ページ2に続く)

英祖〔ヨンジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝4

英祖(ヨンジョ)とイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の悲劇!

張禧嬪(チャン・ヒビン)の息子の景宗(キョンジョン)が即位!朝鮮王朝全史20

張禧嬪(チャン・ヒビン)の栄光と転落!朝鮮王朝三大悪女に迫る3

張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪!朝鮮王朝の重大な事件簿6

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る