英祖(ヨンジョ)とイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の悲劇!

 

1762年に朝鮮王朝で最大の悲劇と言われる大事件が起きた。国王の正式な後継者である世子(セジャ)が米びつに閉じ込められて餓死したのだ。しかも、それを命じたのが父であった国王だ。この悲劇はどのようにして起こったのだろうか。




英祖の怒り

1762年5月22日、世子のイ・ソンの下で働く官僚の羅景彦(ナ・ギョンオン)が、「世子が謀反をたくらんでいます」と訴え出た。
王宮は大騒ぎとなった。
英祖は緊急事態を発令した。
告発者の羅景彦は厳しく取り調べられた。
さらに、告発されたイ・ソンもあわてて英祖のもとに駆けつけた。それは、亥(い)の刻(午後9時頃から11時頃の間)だった。
イ・ソンは、英祖の住まいの寝殿の中庭で平伏した。
英祖は怒りをあらわにした。
「お前は本当に、側室を殺したり、宮中を抜け出して遊び歩いたりしているのか」
イ・ソンはうなだれているしかなかった。
英祖は恐ろしい顔をして言った。
「側近の者たちが余に何も知らせなかったが、もし羅景彦がいなかったら、余がどうやってそれを知ることができたのか。こんなことをしていて、いったい国が滅びないとでも言えるのか」




震えながらイ・ソンが願い出た。
「羅景彦に会わせてください。彼に問いただしてみたいのです」
英祖は拒んだ。
「そんな必要はない。すぐにここを立ち去れ!」
英祖の怒りはおさまらなかった。
(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第1回/老論派の陰謀〕

思悼世子(サドセジャ)とイ・サンの麗しき親子愛!

イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の餓死!朝鮮王朝全史22

思悼世子(サドセジャ)の悲劇!朝鮮王朝の重大な事件簿7

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る