朝鮮王朝の国王で長寿あるいは短命だったのは誰か?

 

朝鮮王朝には27人の王がいたが、平均寿命を調べてみると、約46歳だった。王は最高の栄養を取っていたが、食べすぎと運動不足で病気がちな王が多かったのである。そうした事実を含めて、王たちの長寿と短命をランキングにしてみよう。

QSE17vB27Z8mXDS1493713077_1493713126

もっとも長生きした王は?

[長寿だった王]
1位 21代王・英祖(ヨンジョ) 82歳
2位 初代王・太祖(テジョ)   73歳
3位 26代王・高宗(コジョン) 67歳
朝鮮王朝27人の王のなかでもっとも長生きしたのは、名君として名高い21代王・英祖(ヨンジョ)だ。彼は30歳で即位してから崩御するまでの長きにわたって王として過ごした。ちなみに、英祖は在位期間も27人の王のなかでもっとも長い。




英祖に続いて長寿なのが、初代王の太祖(李成桂〔イ・ソンゲ〕)だが、在位期間は6年と短い。なぜなら、元は高麗の武将だった太祖が、朝鮮王朝を建国して初代王となったとき、すでに彼は57歳の高齢だったからだ。
また、太祖の在位が短いのは、王位を巡って息子たちが争う姿にショックを受け、早々と隠居してしまったことが原因だった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る