朝鮮王朝で王妃になりながら廃妃になった人は誰なのか

 

朝鮮王朝の法律に沿って王が決定されたように、王妃もまた厳格な法を適用されて決められていました。それだけに、王妃を廃妃にするのは容易ではないのですが、実際には多くの王妃が廃妃になっています。




理不尽な廃妃

一番悲惨なのは、夫の廃位にともなって廃妃になったケースです。10代王・燕山君(ヨンサングン)の正妻だった慎(シン)氏、15代王・光海君(クァンヘグン)の正妻だった柳(ユ)氏が該当します。
彼女たちには尊号が贈られませんでした。
それによって、歴史的にも「廃妃・慎氏」「廃妃・柳氏」としか呼ばれません。「廃妃」という冠が永久についてまわるのです。
また、6代王・端宗(タンジョン)の正妻だった定順(チョンスン)王后も、夫が叔父の世祖(セジョ)から王位を強奪されたので廃妃になっています。
そのとき、定順王后は15歳でした。
亡くなったときは81歳です。
定順王后は元王妃として65年も生きたのです。
一方、理不尽な形で廃妃となったのは、11代王・中宗(チュンジョン)の最初の正妻だった端敬(タンギョン)王后です。




本人に落ち度はまったくなかったのですが、彼女の親族に燕山君の妻や側近がいるという理由で、中宗が望まないのに高官たちによって廃妃が決められてしまいました。庶民から同情を多く集めたのも当然のことでした。
(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)は朝鮮王朝三大悪女の1人/朝鮮王朝人物列伝特選7

張禧嬪(チャン・ヒビン)を寵愛した粛宗(スクチョン)!朝鮮王朝全史19

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期!『トンイ』と史実はこんなに違う

張禧嬪(チャン・ヒビン)の栄光と転落!朝鮮王朝三大悪女に迫る3

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る