『イ・サン』の主人公の正祖(チョンジョ)は本当に名君だった?

 

朝鮮王朝時代の名君と言えば、なんといっても、ハングルを作った4代王・世宗(セジョン)があまりに有名だ。今でも韓国の小学校に行けば世宗の銅像がよくあるし、1万ウォン紙幣の肖像画になっている。この世宗に名声では及ばないが、匹敵するほどの名君だったと言われているのが22代王の正祖(チョンジョ)である。

23oISjq_vXzlyc81503884827_1503884910

本好きだった意外な理由

518年間続いた朝鮮王朝には27人の王がいた。
暴君、凡庸な王、情けない王、名君と様々な王がいたが、学問に一番精通した王が正祖であった。
「学問の道に進んでいれば、大学者になっていたことだろう」
そう評価されるほど、正祖の文才と博識は際立っていた。
元来が頭脳明晰ではあったが、それ以上に大きかったのは、夜通し読書にいそしんだということだ。




といっても、ただの本好きではない。もっと切実に、夜に本を読まなければならない事情があった。
それは、寝ている間に暗殺されることを防ぐためだった。
(ページ2に続く)

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)が進めた政治改革!朝鮮王朝全史23

イ・サン(正祖)は即位直後に老論派(ノロンパ)を厳しく処罰した

実際に起こったイ・サン(正祖)暗殺未遂事件!

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は「漢方薬の達人」だった!

正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る