正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

 

21代王・英祖(ヨンジョ)が長年連れ添った最初の正室の貞聖(チョンソン)王后を亡くしたのは1757年のことだった。その2年後に新しい王妃として迎えたのが貞純(チョンスン)王后である。

3xLUyX1Wg1muLvV1502956875_1502956905

10歳も下の息子

貞純王后の実家は名門の一族ではあったが、父は生活に困窮していて、必死に借金をして娘を揀擇(カンテク/王妃を選抜する行事)に参加させることができた。その揀擇の場で、娘は英祖を感嘆させるほど聡明だったという。王妃という座を射止めることができたのも、彼女の才覚が他の候補よりずっと優れていたからだ。
年齢は14歳。65歳の英祖とは祖父と孫ほどの年齢差があった。朝鮮王朝の国王は長く独身でいることが許されないとはいえ、英祖と貞純王后はあまりに奇妙な夫婦だった。特に、貞純王后の場合は、14歳で王妃になって、夫たる国王は老人……こんな境遇に身を置いた王妃は、いったい何を考えるのか。




今の世を生きている人たちが、250年前の往時を想像しても、皆目わからないというのが現実だろう。ただし、力を持つ男性に対処するときの女性の本質は昔も今も変わらないという前提で立てば、貞純王后の行動もある程度は察しがつく。
彼女は真っ先に、英祖が亡きあとに自分がいかに有利な形で王宮に残るか、を考えたに違いない。その観点から王族の人間関係を見つめると、思悼世子(サドセジャ)があまりに危険因子に見えたはずだ。思悼世子は英祖の側室だった映嬪(ヨンビン)・李(イ)氏が産んだ王子で、貞純王后より10歳も年上だった。(ページ2に続く)

悪の手先「鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)」!悪女たちの朝鮮王朝1

英祖〔ヨンジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝4

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る