イ・サン(正祖)は即位直後に老論派(ノロンパ)を厳しく処罰した

 

21代王・英祖(ヨンジョ)が歴代王最高齢の82歳で崩御すると、孫のイ・サンが22代王・正祖(チョンジョ)として即位した。その即位は、父の思悼世子(サドセジャ)を死に追いやった政敵の老論派(ノロンパ)との闘いの始まりを意味していた。

大規模な粛清

1776年、即位した正祖が王として最初に放った言葉は、老論派の重臣たちを震え上がらせた。
「寡人(余)は、思悼世子の息子である!」
即位式はドラマ『イ・サン』でも再現されている。同作はフィクションの部分も多いが、この場面は史実通りに構成されている。名君として名高い正祖の誕生は、創作の必要がないほどドラマチックだったのだ。




正祖は、父である思悼世子が亡くなると、罪人の子が王の後継者にはなれないということで、早世していた伯父の孝章世子(ヒョジャンセジャ)の養子になっていた。
にもかかわらず、「思悼世子の息子」と宣言したのは、父を死に追いやった老論派を許さないという決意表明でもあった。
正祖は宣言どおり、老論派への大規模な粛清を開始する。(ページ2に続く)

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

思悼世子(サドセジャ)とイ・サンの麗しき親子愛!

正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

イ・サン(正祖)はどのようにして亡くなったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る