危篤になる前のイ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は何を語ったか

 

1800年6月、正祖の体調が悪化した。それでも彼は、薬を調合する現場を自ら視察している。彼自身が薬について詳しかったこともあるが、おそらく毒殺されることを極度に警戒していたものと思われる。




医官を信用しない正祖

6月21日に正祖が苦痛を明らかにした。
「痛みがあって苦しい。熱があるのに寒けもする。意識も朦朧(もうろう)とするときがあって、夢を見ているのか目覚めているのか、まるでわからない」
内医院(ネウィウォン/王族を診察する医院)の高官だった李時秀(イ・シス)が言った。
「腫れ物の患部を診察すれば処方について話し合えるのですが、医官たちがみんな診察できないと申しております。その者たちがいつも診察できるようにされるのがよろしいかと存じますが……」
李時秀がこう言ったのは、正祖が患部を医官に見せなかったからだ。正祖は医官たちを信用していなかった。
6月27日、李時秀が正祖に聞いた。




「昨日の夕方、殿下を診察しましたが、まるで眠っていらっしゃるように朦朧とされていましたが、今も同じですか。夜もずっとそういう状態だったのでしょうか」
すると正祖は「夜が明けるまでのことをこまごまと話すのは難しい」と言った。
(ページ2に続く)

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)が進めた政治改革!朝鮮王朝全史23

イ・サン(正祖)は即位直後に老論派(ノロンパ)を厳しく処罰した

実際に起こったイ・サン(正祖)暗殺未遂事件!

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は「漢方薬の達人」だった!

正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る