昌慶宮(チャンギョングン)/朝鮮王朝王宮探訪3

 

ハングルを自ら創製したことでも知られる4代王の世宗(セジョン)。朝鮮王朝最高の聖君と称されています。彼はもともと3代王・太宗(テジョン)の三男でした。長男をさしおいて自分を王に指名してくれたことを父に感謝していました。

正殿の明政殿(ミョンジョンジョン)

歓慶殿(ファンギョンジョン)で長今(チャングム)が中宗(チュンジョン)を診察した




王族の年長者が住んだ離宮

父にお礼がしたいと考えた世宗は、父が建てた昌徳宮(チャンドックン)のとなりに新しい離宮を建設することで自分の気持ちを伝えようとしました。
その離宮が1418年にできた寿康宮(スガングン)であり、1483年以降は昌慶宮(チャンギョングン)として発展しました。
当時、王族の年長者たちは落ちついて暮らせる離宮を好む傾向があり、そういう要望が強まるたびに昌慶宮は規模が大きくなっていきました。
(ページ2に続く)

景福宮(キョンボックン)/朝鮮王朝王宮探訪1

昌徳宮(チャンドックン)/朝鮮王朝王宮探訪2

徳寿宮(トクスグン)/朝鮮王朝王宮探訪4

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!朝鮮王朝三大悪女の哀れな最期

貞熹(チョンヒ)王后!思うがままに政治を操った王妃

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る