光海君と仁祖のライバル物語4「大義名分」

 

綾陽君(ヌンヤングン/後の仁祖)は仁穆王后の怒りがあまりに大きいので、その場を退散して、また改めて出掛けた。仁穆王后も少し頭を冷やしたようで、「大義名分を出すには条件がある。あの化け物の首を取ってまいれ」と言った。

「首を取ってまいれ」

綾陽君は仁穆王后にこう答えた。
「いやいや、それは絶対にできません。先王の首をはねるようなことをすれば、私が歴史で糾弾されます」
仁穆王后は首を振った。
「ならぬ。首を取ってまいれ、さもなければこの話はなしだ」
こうした問答が何回も続く。
様々な時代劇では光海君の処遇をめぐって綾陽君と仁穆王后が論争するシーンが名場面になっている。




仁穆王后があまりにも激昂して倒れたりする。仁穆王后を演じる人にとっては、この場面こそが自分の女優人生の最高潮になるのだ。
(ページ2に続く)

光海君と仁祖のライバル物語1「即位」

光海君と仁祖のライバル物語2「外交」

光海君と仁祖のライバル物語3「怨恨」

光海君と仁祖のライバル物語5「失政」

光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名から名君へと評価が一変した国王

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る