貞明公主の波乱万丈の人生10「晩年」

 

20歳までの貞明公主は薄氷の上をおそるおそる歩くような日々を過ごした。そんな境遇に耐えたあとは、とてつもない土地を所有する大地主になった。まさに、彼女の人生は波瀾万丈だった。

MCEJ5f4H_5KlJdV1486974849_1486974886




邪険にされた王女

1603年に生まれた貞明公主は、5歳までは国王の正室が産んだ王女として大切に育てられた。
しかし、1608年に父の14代王・宣祖(ソンジョ)が亡くなった後には、異母兄の光海君によって庶民の身分に降格させられ、西宮(ソグン)に幽閉されて苦難の日々を過ごした。
1623年に仁祖が光海君を王宮から追放すると、母の仁穆王后と一緒に貞明公主の幽閉は解かれ、以後は結婚もして大地主になった。
それなのに、仁穆王后が1632年に世を去ると、仁祖によって邪険にされ、呪詛(じゅそ)の疑いをかけられて二度にわたって処罰されそうになった。
仁祖の即位に貢献した功臣たちによって弁護され、貞明公主は処罰をまぬがれることができた。
しかし、手のひらをひるがえした仁祖に対しては不信感が募った。光海君の統治時代ほどではないが、仁穆王后にとっては、針のむしろに座らされているような日々が続いたのである。
偏屈な仁祖は1649年に世を去り、それ以後の貞明公主は平穏な日々を過ごした。歴代の王が丁重に応対してくれたおかげで、王族の長老女性として自尊心を保って暮らすことができた。




夫の洪柱元(ホン・ジュウォン)との間では、7男1女を育てた。息子たちはそれなりに出世して家門を高めた。
1672年に洪柱元は66歳で亡くなったが、その後も貞明公主は夫を供養しながら穏やかな日々を過ごした。
(ページ2に続く)

貞明公主の波乱万丈の人生1「誕生」

貞明公主の波乱万丈の人生2「悲劇」

貞明公主の波乱万丈の人生3「才能」

貞明公主の波乱万丈の人生7「危機」

貞明公主の波乱万丈の人生8「苦難」

貞明公主の波乱万丈の人生9「善行」

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る