貞明公主の波乱万丈の人生3「才能」

 

15代王・光海君(クァンヘグン)によって最愛の弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺された貞明(チョンミョン)公主。彼女自身も王女から庶民に格下げとなり、母の仁穆(インモク)王后と一緒に西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉されてしまった。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより




西宮と呼ばれた由来

豊臣軍の朝鮮出兵の際に、都の漢陽(ハニャン)にあった王宮の数々が大きな被害を受けた。正宮の景福宮(キョンボックン)は全焼し、以後も放置の状態となった。この景福宮が再建されたのは1865年のことで、全焼から273年後のことである。
1508年に王となった光海君は、景福宮の東側に位置していた昌徳宮(チャンドックン)を整備して、そこで王としての執務を行なった。
仁穆王后や貞明公主が幽閉された離宮は昌徳宮から見れば西側にあったので、西宮と呼ばれるようになったのである。
西宮で暮らした仁穆王后と貞明公主の生活は不便きわまりなかった。
何よりも、光海君の指示が過酷だった。西宮の門をすべて閉鎖してしまい、最上部に刺(とげ)を付けた塀で西宮を囲み、外部とまったく接触できないようにした。
しかも、それまで仁穆王后と貞明公主が使っていた家財は没収され、日常の生活用品も調達できない有様だった。そのうえで、餓死しない程度のわずかな食糧を支給されるだけだった。
とにかく、西宮での生活は困難をきわめた。仁穆王后と貞明公主は、巨大な監獄に押し込められているも同然だった。




宣祖の正室として優雅な生活を享受してきた仁穆王后。彼女は幽閉の屈辱から何度も自害を試みようとしたが、結局はそれができなかった。
「もし自分がいなくなったら、娘の貞明はどう生きればいいのか」
そのことが頭を離れなかった。
(ページ2に続く)

貞明公主の波乱万丈の人生1「誕生」

貞明公主の波乱万丈の人生2「悲劇」

貞明公主の波乱万丈の人生4「歓喜」

貞明公主の波乱万丈の人生5「復活」

貞明公主の波乱万丈の人生6「結婚」

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る