中宗(チュンジョン)の息子の仁宗(インジョン)は孝行息子の鑑!

看病疲れが原因

世子は冠を脱がずに昼夜ずっと中宗のそばにいて看病を続けた。しかも、父を案じて自分の食事にも箸をつけなかった。
その甲斐もなく中宗は1544年に56歳で亡くなった。
すると、世子は5日間も飲み物に手をつけなかった。
父の命を救えなかったことで、自分を責めたのだ。




この話が市中で広まると、人々は世子のことを「なんと親孝行なのだろうか。まさに孝行息子の鑑(かがみ)だ」と讃えた。
とはいえ、世子の悲しみがあまりに深かったので、彼のほうも倒れてしまうのではないかと側近たちは心配した。
実際、世子は王位を継いで12代王・仁宗(インジョン)として即位しても、体調がずっと悪かった。
誰の目にも看病疲れが原因と映ったが、それでもなお仁宗は「父が亡くなったのは自分のせいだ」と反省し続けた。
その姿を文定王后は冷やかに見ていた。
(ページ3に続く)

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

仁宗(インジョン)!毒殺された可能性のある王

文定(ムンジョン)王后!仁宗(インジョン)を毒殺した(?)冷血な継母

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

文定(ムンジョン)王后に翻弄された明宗(ミョンジョン)!朝鮮王朝全史13

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る