文定(ムンジョン)王后に翻弄された明宗(ミョンジョン)!朝鮮王朝全史13

 

文定(ムンジョン)王后の息子の慶源(キョンウォン)は、1545年に13代王の明宗(ミョンジョン)として即位した。彼は学問を好み性格も温和だったが、まだ幼かったために強引な母に頭が上がらなかった。実権のほとんどは母の文定王后が握っていた。

尹元衡と鄭蘭貞

文定王后は、敵対勢力への迫害を続けながら自分たちの力を強化していった。その結果、国政は疎かになっていき、庶民は不満を募らせていく。そうした不安が爆発して事件が起こった。
漢陽(ハニャン/現在のソウル)郊外の壁画に、「上では、女が王の上に立って権力を握り、下では、奸臣たちが権力をかさにやりたい放題。このままでは国が滅亡してしまう。恐ろしいことだ」という落書きが書かれていた。この事実に文定王后は怒った。




「これを書いた犯人は誰だ! 絶対につかまえよ」
当時、文定王后の弟の尹元衡(ユン・ウォニョン)が姉の威光で権力を手中にしていた。彼は悪女として有名な鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と組んで、様々な捏造事件を起こしていた。
「これは絶好の機会だぞ。政敵が書いたことにして、奴らをつぶしてやろう」
尹元衡は文定王后に進言して、様々な口実をつけて反対派に厳罰を与えた。
結局、強大になりすぎた文定王后の一派を誰も止められず、国政は非常に不安定になっていった。(ページ2に続く)

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

文定(ムンジョン)王后!仁宗(インジョン)を毒殺した(?)冷血な継母

尹元衡(ユン・ウォニョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

仁宗(インジョン)!毒殺された可能性のある王

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る