中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

 

『宮廷女官 チャングムの誓い』を始めとして、多くの時代劇に登場してくる中宗(チュンジョン)。この国王は、1506年から1544年まで38年間も王位に就いていたのだが、なぜ文定(ムンジョン)王后の悪行をほったらかしにしたのだろうか。

気が弱い国王

中宗は、「棚からぼた餅」で国王になった男であった。
彼は、もともと王になる考えはまったくなかったのだが、異母兄の燕山君(ヨンサングン)が1506年にクーデターで王宮を追放されたために、その代わりとして即位したのである。
当初、中宗は「王になりたくない」と駄々をこねてクーデター軍の要請を断り続けた。結局はしぶとく説得されて、即位を受けざるを得なかった。




それなのに、中宗は即位して1週間で端敬(タンギョン)王后を離縁しなければならなくなった。
なぜなら、端敬王后の父は燕山君の一番の側近だったからだ。クーデターを成功させた高官たちは燕山君派の巻き返しを恐れ、中宗に妻の離縁を迫った。
国王という最高権力者である以上、その要請を断ることもできたのに、中宗は高官たちに従ってしまった。
こういうところに、気の弱さが如実にあらわれている。(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)と趙光祖(チョ・グァンジョ)!朝鮮王朝全史11

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

仁宗(インジョン)を毒殺した文定(ムンジョン)王后!朝鮮王朝全史12

中宗(チュンジョン)と王妃の「チマ岩の伝説」

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る