『オクニョ』に登場する実在の人物で一番のワルは文定(ムンジョン)王后!

 

NHKの総合テレビで放送の『オクニョ 運命の女(ひと)』には、実在の人物と架空の人物が混在していますが、実在の人物には悪人が多いようです。その中でも特に悪いのが文定(ムンジョン)王后だと言えるでしょう。




国王を毒殺?

文定(ムンジョン)王后は11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室ですが、まさに希代の悪女です。
彼女は自分の息子を王にするために、中宗の二番目の正室が産んだ世子(セジャ/国王の正式な後継者)を何度も殺そうとします。しまいには、世子の寝室に火を放って焼死させようとしました。
それなのに、世子は継母である文定王后を怨んだりしません。むしろ、「母が自分を殺そうとするなら、儒教の教えにのっとって、孝を尽くすためにこのまま死んでみせる」と言って、火事になっても逃げないのです。
確かに親孝行なのですが、度を越えすぎています。やはり、放火されたらすぐに逃げなくてはいけません。
中宗は1544年に56歳で亡くなり、世子が12代王・仁宗(インジョン)として即位します。




名君になる素質は十分だったのですが、仁宗は在位わずか8カ月で急死します。継母の文定王后に毒殺された可能性が高いと見られています。
実際に、文定王后を訪ねた際に餅を食べたのですが、その直後から重病になって命を落としています。
朝鮮王朝では王が毒殺されたという疑惑がかなり多いのですが、仁宗の場合が一番可能性が高いといわれています。仁宗の殺害を何度も狙った文定王后が最後に奥の手を使ったということが十分に考えられます。
(ページ2に続く)

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!朝鮮王朝三大悪女の哀れな最期

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る