文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行(再読版)

 

朝鮮王朝時代に王宮で起こった奇怪な事件として有名な「灼鼠(しゃくそ)の変」。この事件は韓国時代劇でも何度か取り上げられたが、どの作品でも文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が共謀して起こしたという筋書きになっていた。




世子の誕生日の出来事

「灼鼠(しゃくそ)の変」は1527年に起こっている。
当時は11代王・中宗(チュンジョン)の統治時代だったが、世子(セジャ/王の正式な後継者)は12歳になっていた。
世子の実母はすでに他界していて、中宗の三番目の正室だった文定王后が世子の継母におさまっていた。
こういう人間関係を理解したうえで、事件のあらましを見てみよう。
世子が誕生日を迎えたとき、東宮(王宮の一部で世子が住んでいる)の庭にあった大木の枝に、焼かれたネズミの死骸が掛かっていた。
東宮だけではなかった。
大殿(王の居室)の近くでも、焼かれたネズミの死骸が発見された。
この仕業には、どんな意味があったのか。
実は、世子は子(ね)年だった。それだけに、ネズミの死骸は世子の不吉な将来を暗示する役割を果たした。




さらには、世子を呪詛(じゅそ)するために、わざわざ2カ所に死骸を放置したと推察された。
宮中が大騒ぎになった。
焼かれたネズミを木の枝にぶらさげるというのは、あまりに大胆な手口であった。
中宗の命令によって、徹底的な犯人捜しが行なわれた。
死骸を見つけた女官や、発見場所のそばにいた者たちが厳しい尋問を受けた。
しかし、犯人がわからなかった。
(ページ2に続く)

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!低い身分から成り上がった悪女

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!朝鮮王朝三大悪女の哀れな最期

文定(ムンジョン)王后は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る