朝鮮王朝はなぜ儒教を国教に取り入れたのか

重要な統治手段

儒教は、もともとは中国で乱世の時代に人間の倫理を正すために生まれた政治思想でした。人間の上下関係を認め、それぞれが自分の義務に充実に行動するとき乱世がおさまり正しい政治が行なわれるとされていました。
つまり、強力な王権を確立するのに適した思想を持っていたのです。
そこで、朝鮮王朝の建国功臣たちは基本理念として儒教を取り入れました。もちろん、それ以前の朝鮮半島でも儒教の経典は知られていて重要な学問だったのですが、国家全体を統括する思想ではありませんでした。




結局、儒教が広く浸透するには、時間と努力が必要でした。朝鮮王朝の初期には、新しい貴族階級であった両班(ヤンバン)の間でなお仏教を重んじる風習が強く残っていましたが、国家が率先して仏教を排斥したために、仏教を信じる人たちが減り、長く苦難の道を余儀なくされました。
これに対して、儒教は最初から重要な統治手段であり、さらに、支配階級の根本思想として発展しました。
また、科挙の試験問題は儒教の教義から出されたので、学問的あるいは思想的に一般社会に広まったのです。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

韓国時代劇に出てくる朝鮮王朝の歴史がよくわかる康熙奉(カン・ヒボン)著『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(実業之日本社/900円+税)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

敬恵〔キョンヘ〕王女!朝鮮王朝一の美貌を誇った王女

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る