朝鮮王朝はなぜ儒教を国教に取り入れたのか

 

韓国時代劇をより深く理解するためには、朝鮮王朝時代に社会に広く浸透した儒教を知ることも大切です。そもそも、朝鮮王朝時代にはなぜ儒教が重んじられたのでしょうか。その背景を説明します。




仏教と儒教の違い

1392年に高麗王朝から朝鮮王朝に変わったとき、国政を安定させるために初代王の李成桂(イ・ソンゲ)と建国功臣たちが積極的に取り入れたのが儒教でした。
歴史的にみると、高麗王朝は仏教国家でした。仏教寺院や地方豪族は膨大な富と土地を持ち、私兵を抱えていました。
当然、中央に位置する王の力は牽制されていたのです。
実際、朝鮮王朝を建国した李成桂自身が高麗王朝の地方豪族の一人でしたし、彼は高麗王朝を転覆させて新しい国をつくっていきました。それだけに、朝鮮王朝としては似たようなもう一人の“李成桂”が登場することを阻止する必要があったのです。そのためにも、強力な王権を確立することが必要でした。




それなのに、仏教はすべての人が誰でも信じれば仏になれる、という思想を持っています。つまり、人間は平等だという教理が根底にあるのです。しかし、儒教は仏教とは違います。“忠”と“孝”をもっとも大事な徳目と考えています。臣は王に忠誠を尽くし、子は親に孝を尽すのが何より重要なのです。
いわば、人は身分や立場によって役割が違うということです。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

敬恵〔キョンヘ〕王女!朝鮮王朝一の美貌を誇った王女

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る