『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

癸酉靖難(ケユジョンナン)

一番の難敵を排除した首陽大君は、そのまま側近たちを大勢引き連れて端宗のもとへ向かった。
首陽大君は端宗に宣言した。
「謀反を計画して王朝を危機に陥れる重罪人を処分しました。他にも謀反を考えている人物に心当たりがあります。奴らの処分も私にお任せください」
屈強な武臣たちを従わせる叔父の迫力に、端宗はただ従うしかなかった。




首陽大君は勝手に王命を発して、高官たちを王宮に招集した。そして、自分の意にそぐわない高官たちをその場で殺害していった。
一夜にして王宮は首陽大君とその一派に牛耳られることになった。
この事件が「癸酉靖難(ケユジョンナン)」であり、これによって首陽大君は朝廷の権力を掌中に収めた。
首陽大君の弟の安平大君(アンピョンデグン)も、対立する兄によって死罪になった(安平大君は『不滅の恋人』のイ・フィのモデルとなった人物だ)。
(ページ3に続く)

端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)!朝鮮王朝全史5

首陽大君(スヤンテグン)〔世祖(セジョ)〕が開いた秘密会議!

甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)の悲劇とは?

朝鮮王朝の悲劇の王「端宗(タンジョン)」の最期とは?

安平大君(アンピョンデグン)はどういう人物だったのか

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る