奇皇后とは誰なのか/高麗王朝人物列伝4

 

不本意な形で元に渡った奇皇后だが、その美貌を武器にして大出世を果たしていく。その影響力は母国の高麗王朝にも大きく及ぶほどだった。果たして、奇皇后とは、どんな女性だったのか。




元に渡った奇皇后

13世紀から14世紀にかけて、高麗王朝は中国大陸を支配した元に服従せざるをえなかった。元は多くの貢ぎ物を高麗王朝に要求した。その1つが、「貢女(コンニョ)」だった。多くの女性を差し出せということだ。
困った高麗王朝は、貢女を出す家には十分な報酬を出すことにした。それでも応じる人はおらず、仕方なく、罪人や奴婢の妻や娘たちを強制的に集めた。それは、本当に悲しい歴史だった。
そんな中で特殊な例だったのが奇皇后だ。彼女は、下級官僚の奇子敖(キ・ジャオ)の娘で、大変な美人だった。
その奇皇后が元に渡ったのは1333年と推定される。彼女の美貌を利用しようとしたのが、高麗出身の宦官(かんがん)だった高龍普(コ・ヨンボ)だ。奇皇后を皇室付きの女性として推薦することで、立場を強くしようと考えたのだ。




事実、12代皇帝トゴン・テムルは奇皇后に惚れ込み、すぐに彼女を側室にした。
嫉妬したのが、トゴン・テムルの正室のタナシルリだ。
彼女は奇皇后に敵意を抱いた。
タナシルリは元の重臣のエル・テムルの娘だった。それで正室になれたのだが、トゴン・テムルとエル・テムルが厳しく対立するようになると、タナシルリの立場も危うくなっていった。
ストレスが強くなったタナシルリは、奇皇后を執拗にいじめた。鞭で叩いたり、熱した焼きごてを肌にあてたり……。
奇皇后は必死に耐えた。彼女がようやく解放されたのは、エル・テムルが急死した直後だった。後ろ楯を失ったタナシルリは、宮殿を追放されて命を落とした。自業自得という面が強かった。
(ページ2に続く)

奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(前編)

奇皇后と善徳女王はどこが違っていたのか

『奇皇后』のタファンはトゴン・テムル(順帝)がモデル!

『奇皇后』に登場するワン・ユのモデル「忠恵王」は暴君?

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る