『奇皇后』に登場するワン・ユのモデル「忠恵王」は暴君?

 

チュ・ジンモが『奇皇后』で演じたのが、高麗王のワン・ユだった。ドラマでは架空の人物という設定だが、奇皇后が生存した時代を手掛かりにすると、モデルになった人物がいる。それが、高麗王朝の28代王であった忠恵王(チュンヘワン)である。

関係図ワン・ユ(チュ・ジンモ)02

15歳で即位

忠恵王は歴史的に評判が悪い王である。
果たして、どんな王だったのだろうか。
彼は1315年に生まれた。この当時、高麗王朝は、中国大陸を支配していた元の強い影響下にあり、高麗王朝の王位は元の意向によって決められていた。




1330年に高麗王朝で大事件が起こる。まだ37歳だった27代・忠粛王(チュンスクワン)が元によって廃位にさせられ、息子の忠恵王が15歳で28代王となったのである。
元が忠恵王を王にしたのは理由があった。
忠恵王は13歳から2年間人質として元に送られていたため、忠粛王よりも話を通しやすいと考えたのである。(ページ2に続く)

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

『奇皇后』で見事な演技を披露したハ・ジウォン!

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る