奇皇后と善徳女王はどこが違っていたのか

 

長い朝鮮半島の歴史を見ると、女性が政権の中枢で活躍したのは非常に限定的で、歴史の中心はやはり男性だった。その中でも歴史を大きく動かす存在感を示した女性もいる。その最たる例が新羅(シルラ)時代の善徳(ソンドク)女王と、高麗(コリョ)時代の奇皇后ではないだろうか。

qaJ72t1QR7f4aUJ1500343494_1500343528

強い霊感の持ち主

新羅には3人の女王がいたが、初めて女王になったのが善徳女王だった。彼女は新羅26代王の真平王(チンピョンワン)の長女として生まれ、小さいころからとても頭がよかった。
真平王が亡くなり、632年に善徳女王が即位した。勘が鋭かった彼女は、人が気づかないようなことを察する霊感も持っていた。
その霊感が国を救ったことがある。それは、王宮の西側にある玉門池に大量のヒキガエルが現れて、けたたましい鳴き声をあげたときのことだ。
善徳女王はそれを見てこう言った。
「ヒキガエルの目が完全に怒っている。あれは兵士の相を表している」




さらに、善徳女王は霊感によってあることに気づいた。そのとき彼女の頭に浮かんだのは、新羅の領土の端にある玉門谷だった。すかさず善徳女王は断言した。
「ヒキガエルの目でわかった。玉門谷に多くの敵が潜んでいるはず」
その言葉に反応して、多くの新羅の兵が玉門谷へ駆けつけてみると、実際に、敵対する百済(ペクチェ)の500人の兵士たちが谷に潜んでいた。彼らは密かに新羅を攻めるつもりだったのだ。敵を見つけた新羅軍は、大人数で百済軍を急襲して、一気に退散させた。まさに善徳女王の霊感が新羅のピンチを救ったのである。(ページ2に続く)

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1
https://goo.gl/GRFXrW

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5
https://goo.gl/LRSwB8

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1
https://goo.gl/uZrRCx

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る