奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

 

「奇(キ)」という姓を持った人は、今の韓国には1万8千人ほどいる。韓国の姓別の人口ランキングでは83位だ。なお、「奇」という姓には本貫(ポングァン/始祖の出身地のことで、一族の出自を示す)が「幸州(ヘンジュ)」の1つしかない。これは何を意味しているのか。

6655

奇氏一族の初代は?

人口が一番多い「金(キム)」ともなると本貫は60くらいあるし、「李(イ)」にいたっては本貫が70もある。
それほど、同じ姓でも一族の流派は多岐にわたっているのだ。
しかし、「奇」の本貫は「幸州」だけである。わかりやすく言えば、本貫が同じであれば韓国では同族と見なされるので、「奇」という姓を持った人(奇氏)はすべて同じ一族となる。




この奇氏一族の初代は、箕子(キジャ)朝鮮の48代王子と称される奇友誠(キ・ウソン)である。この箕子朝鮮は、紀元前195年に衛満(ウィマン)朝鮮が建国される前に朝鮮半島を統治していた国だ。
とはいっても、箕子朝鮮は考古学的にその存在がはっきりと立証されているわけではない。あくまでも「あっただろうと推定される国」なのだ。その箕子朝鮮の48代王子が始祖、というのが奇氏一族が誇りにするところである。(ページ2に続く)

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る