『海神 ヘシン』主人公の張保皐(チャン・ボゴ)とは誰か/三国時代人物列伝6

 

古代の朝鮮半島で一番の国際人といえば、それはもう張保皐(チャン・ボゴ/?~846年)をおいて他にいない。彼は海を支配して日本や中国と自在に貿易を行ない、国王をしのぐほどの力を手に入れた。そのスケールの大きな活動は、古代史の中でもさん然と輝いている。




唐で将軍になった

張保皐の生年はよくわかっていない。8世紀末から9世紀初めにかけて新羅で生まれたと推定される。
歴史書「三国史記」には「出身地と父祖はわからない」と書かれているが、貧しい船頭の息子だったと伝えられている。幼名は「弓福(クンボク)」だった。
新羅にいてもうだつが上がらないと悟っていた張保皐は、大望を抱いて唐に渡った。唐に行く船で雑役をする仕事を見つけたか、貿易船の倉庫にうまく潜んだのか。いずれにしても、人並み以上に才覚があり、自分を生かす道を知っていた。
唐でも死に物狂いで働き、地方で将軍になるまでに出世した。そんな彼は衝撃的な光景を目にした。なんと、新羅から唐に何人もの奴隷が連れてこられたのだ。当時、朝鮮半島の近海には海賊が多く出没していて、彼らは沿岸を襲って人をさらい、唐で人身売買を行なっていた。
「こんなことを許していていいのか。すぐに新羅に帰ろう」
そう決意した張保皐。新羅に戻ると、唐で出世したことを大きな実績にして、王に謁見する名誉を得た。ときの王は新羅42代王の興徳王(フンドクワン)だった。
張保皐は直訴した。
「我が国の人間が奴隷にされています。これを防ぐために、清海(チョンヘ)鎮を設けて、海賊を取り締まらなければなりません」




清海は今の莞島(ワンド)で、当時は新羅と唐を結ぶ海路の要衝だった。興徳王は大いに賛成し、張保皐は1万人の兵士を託された。これだけの数の兵士を投入しようというのだから、新羅も本気で海賊退治に乗り出した。
(ページ2に続く)

朱蒙(チュモン)とは誰なのか/三国時代人物列伝1

最大の領土を誇った広開土大王(クァンゲトデワン)/三国時代人物列伝2

善徳(ソンドク)女王はこんな人だった/三国時代人物列伝3

階伯(ケベク)の壮絶な最期!/三国時代人物列伝4

大祚栄(テジョヨン)は渤海(パレ)の初代王!/三国時代人物列伝5

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る