朱蒙(チュモン)とは誰なのか/三国時代人物列伝1

 

朱蒙(チュモン/紀元前58年~紀元前19年)は現在の韓国でも大変な尊敬を集めているが、その人物像は神秘に包まれている。なにしろ、高句麗(コグリョ)の建国神話で朱蒙は、柳花(ユファ)という女性が産んだ卵の殻を破って出てきたことになっているからだ。




弓の名人

卵から生まれた、という誕生秘話は、高句麗の後の人間が創作したと考えられる。朝鮮半島では新羅(シルラ)や伽耶(カヤ)でも始祖が卵から生まれたという言い伝えがあり、古代国家で始祖に箔を付けるためによく用いられた伝説なのだ。
その名前にも、不思議な暗号が込められている。
朱蒙が住んでいた古代国家・東扶余(トンプヨ)では、弓の名人を「朱蒙」と言い、彼も弓が巧みだったのでその名が付いたとされている。
しかし、ここで使われている漢字の「蒙」とは、“道理を知らない”“無知”という意味で、人を卑下する言葉だ。また、「朱」を“赤い色”と考えれば、「朱蒙」とは赤い顔をした無知な人、という意味になってしまう。これは明らかに異民族を称する言葉ではないだろうか。




そういえば、漢字で異民族を意味する「夷(えびす)」は、弓と人という文字が入っている。名前の漢字を手掛かりに考えれば、朱蒙は北扶余にとって遠くからきた異民族だったと推定できる。それでも、たぐいまれな才能の持ち主で、王家の一員になったのではないだろうか。
(ページ2に続く)

最大の領土を誇った広開土大王(クァンゲトデワン)/三国時代人物列伝2

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る